スキーの保管について

今日から7月です。
今年はとうとう月山へ行きそびれてしまいました。
小生のスキー板もオフシーズンモードです。
しっかりとメンテナンスをして、滑走面にワックスをたっぷり載せて、この夏を乗り切ります。

今シーズンお世話になったスキーやスノーボードを保管する・・・
これがなかなか簡単そうで面倒くさい作業です。
滑りっぱなしで何もしないで来シーズンまで・・・これが最悪なパターンです。
特に春スキーでリフト乗り場に融雪防止剤などが撒かれた状態で使用したスキーやスノーボードは、
この時期、すでに錆が発生していると思われます。

スキーやスノーボードに錆は一番避けなければならない事態です。
錆が発生しているスキーやスノーボードにワックスを塗布しても、錆の進行は止められません。
錆を取り除いて滑走面を元気にしてからワックス処理をして保管することをお勧めします。

保管する場所にも注意が必要です。湿気の少ない屋内に保管しましょう。
「オフシーズン割引キャンペーン」を7月31日迄受け付けております。保管サービスも含まれています。
元気にしたスキーやスノーボードで来シーズンに備えてください。

明日のテニスは思いっきり暑くなりそう・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です