スキーやスノーボードの保管

毎日、高温多湿の日が続きますが、オフシーズンの間のスキーやスノーボードの保管について・・・

オフシーズンの長さは人によって違いますが、その期間スキーやスノーボードのエッジや滑走面に如何にストレスを掛けないで保管出来るかがその板の寿命に密接に関係してくると思われます。

エッジに関しては、サビの発生です。サビは放置しておくとドンドン深くなります。
サビ(酸化)た所は痩せて来ます。厳密に言えばその部分だけエッジが低くなってしまう訳です。
チューンナップする時サビが浅い場合は、滑走面とエッジを研磨してサビを取り除きますが、サビが深い場合はその部分は残ってしまいます。
エッジのサビと岩などに依って受けたダメージは、決して元に戻らないと思って間違いありません。

滑走面は今シーズンの初め雪不足だった為にリペアが必要なキズがついた板が多いと思われますが、そのまま保管しないでリペアをしてからワックスを塗布して保管することをお勧めします。
エッジ際(エッジと滑走面の境目)に付いた傷の部分のエッジにサビなどが発生すると厄介になります。

先ずはエッジを錆びさせない様にすることです。
外気の当たらない湿気の少ない部屋で保管する事、納屋などは避けたほうが無難です。間違っても雨露が凌げるかと言って軒下などの屋外での保管はしない事です。
そして時々エッジの様子を確認する事が大事になります。また素手でエッジに触れないことも注意する事柄です。

シーズン直前になって後悔しないようにこの夏の盛りに今一度自分の愛機を見てみましょう。・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です